過払い金返還請求

過払い金返還請求をされるなら、しっかりと計画的に実行しなければ、ほとんど返金されない事態になってしまう可能性があります。

過払い金バブルの頃は、自分で請求しても返金を受けられるくらいに、簡単に返金を受けることが出来ました。しかし、そのため、消費者金融は非常に経営が厳しい状況になってしまいました。ご存知だと思いますが、武富士は倒産。プロミスなどの大手も、都市銀行の子会社になるなど、非常に苦労したのでした。

その反省から、今、消費者金融各社は、過払い金に対して非常にシビアに対応してきます。あわよくば、返金ゼロ円で和解をしようとしてきます。過払い金請求をあまり扱ったことがない弁護士さんだと、返金を勝ち取るのは厳しいかもしれません。

過払い金請求に強い先生の中から、より信頼できる先生を見つけて、お願いするようにしましょう。

過払い金返還請求ガーベラ

過払い金 得意な事務所|確実に返金してもらうコツ

弁護士なら、誰でもしっかりと仕事をしてくれると考えて、適当に近所の法律事務所に過払い金請求を依頼する方も多いようです。

しかし、弁護士にも得意分野とほとんど経験したことがないという分野があります。また、残念なことに勉強は非常にできるけれども、仕事が出来ないという先生も、結構いらっしゃいます・・・。

ですので、あなたが過払い金請求を検討しているなら、過払い金請求が得意な事務所を選ぶことをお勧めします。

いくつか挙げておきます。

・樋口総合法律事務所・・・事務所設立当初から過払い金を非常に多く扱っておられます。私の友人も、樋口先生に助けていただきました。

・リヴラ総合法律事務所

・司法書士法人杉山事務所

過払い金ありがとうの声

数か月前に友人から、借金の相談を受けていました。かなり前から借金をしていたそうで、ずっと返済し続けているそうです。

ですが、このままでは苦しいという話をしていたので、ひょっとすると過払い金が発生しているかもしれないという話をしました。

とりあえず、過払い金で有名な弁護士の先生を紹介して、無料相談を受けることを勧めました。そうしたところ、案の定、かなりの過払い金が発生しているそうで、ひょっとすると借金がなくなるかもしれない、というレベルだったそうです。

友人は、その先生にその後のことは任せることにしたそうです。

依頼した後は、非常にすっきりした顔をしており、「もっと早く相談しておくべきだった」と喜びと残念な表情が混じっていました。

そして、先日、すべての手続きが終わったとのことで弁護士の先生から話を聞きに行ったところ、やはり借金がゼロになり、さらに少しですが、お金も返ってくることになったそうです。

速攻で連絡があり、とっても喜んでいました。

私は、特に何もしてないのですが、弁護士の先生に相談するきっかけをうまく作れたようで、とてもよかったです。

ちなみに、紹介した先生は、樋口先生です。とても親切な先生ですので、まずはメールで相談をしてみましょう。相談料は無料です。

樋口総合法律事務所↓↓

過払い金返還請求ガーベラ|希望額全額返金してもらうコツ

希望額を全額返金してもらう唯一の方法。

それは、優秀な弁護士についてもらうこと。それだけです。

今、自分で請求することなんて、絶対に無理です。

誰に依頼するか、その時点で過払い金請求の成否は決まったと考えても良いでしょう。

樋口総合法律事務所評判

樋口総合法律事務所さんで債務整理をした友人がいます。

その友人は、多額の借金を背負っており、長年しっかりと返してきたのですが、ここにきてついに返しきれない状態となり、債務整理の無料相談に行きました。

無料相談のときから非常に親切に対応してくれ、債務整理の手段の方法や、友人の場合だと過払い金が随分と発生していること、十分に全額返金してもらうことが出来るから借金がゼロになり、さらにお金も帰ってくる可能性があることを聞いたそうです。

実は、他の事務所にも相談に行ったのですが、そこまで良い条件は言ってくれなかったそうです。

そして、実際に、先生の仰るように、借金はゼロになり、お金が100万円も戻ってきたそうなのです。

他の事務所では、借金はゼロにできるかもしれないけど、お金が返ってくることはないという話だったそうです。実は、樋口総合法律事務所は、事務所開設当時、ちょうど過払い金バブルの時だったのです。そのため、仕事のほとんどが過払い金返還だったそうです。そのため、他の事務所は、他の案件でいっぱいいっぱいで過払い金にまで手が回らない時に、かなりの数の過払い金請求をこなしたそうなのです。そのノウハウや人脈などにより、今や過払い金のスペシャリストとなっておられるのです。

今、過払い金や債務整理でお悩みなら、一度無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

樋口総合法律事務所公式サイト↓↓

過払い金スムーズな早期解決|できるだけ早期に全額返金

過払い金をスムーズに、そして早期解決するためのコツをお伝えしたいと思います。

現状、過払い金返還請求をすると、消費者金融側は素直に返金に応じてくることはまずありません。
返金0円での和解をしようとしてきます。しっかりとお金を取り戻したいと考えるなら、できるだけ過払い金請求に精通した弁護士に依頼することをお勧めします。過払い金請求に詳しくない先生にお願いしても、思ったように返金をしてもらうことができなかったり、かなり時間を要してしまうことになります。

過払い金請求に強い事務所
樋口総合法律事務所・・・事務所設立当初から過払い金請求に力を入れており、全国から依頼者が殺到しています。

リヴラ総合法律事務所・・・こちらも過払い金や債務整理に強いですし、非常に親切な事務所です。

街角法律相談所・・・とりあえず、債務整理や過払い金について、専門家から話を聞きたい場合など、便利な相談所です。無料で債務整理シュミレーションも行ってくれます。

過払い金解決はグラジオラス|早く簡単に過払い金を取り戻すコツ

過払い金解決はグラジオラスでは、最も簡単に、そしてきちんと返金してもらうコツをお伝えします。

過払い金返還請求については、私たち請求者側にとって、非常に難しい時代になっています。過払い金バブルの頃は、自分で請求してもある程度取り戻すことができました。しかし、今は違います。武富士が倒産し、プロミスなどの大手もメガバンクの子会社となってしまうほど、消費者金融は苦しい時代に入っています。今、国会では、また上限金利を引き上げようかという案も出てきているほどです。

自分での過払い金請求では、お金を取り戻すことはほぼ不可能かと思われます。弁護士さんに依頼をしても、過払い金に精通している先生でなければ、思ったほど回収できずに終わってしまうこともあります。
弁護士と言っても、全員が同じスキルを持っているわけではなく、得意不得意があります。過払い金請求を扱ったことがない先生もいます。そうした先生は、資料を見たり、仲間の先生にアドバイスをもらって、見よう見まねで仕事をします。ですので、正直、素人に毛が生えた程度のレベルだったりします。

ですので、これから過払い金請求をしようと検討しているあなたは、過払い金請求に強い先生を選ぶ方がいいですね。特に地域などは関係ありません。基本的に全国対応してくれます。

過払い金請求に強い事務所

・樋口総合法律事務所・・・事務所設立当初から過払い金請求に力を入れており、全国から依頼者が殺到しています。

・リヴラ総合法律事務所・・・依頼者に非常に親切な事務所です。債務整理・過払い金に強いのが特徴です。

・街角法律相談所・・・とりあえず、債務整理や過払い金について、専門家から話を聞きたい場合など、便利な相談所です。

債務整理の際に過払い金返還請求で借金がゼロに!

借金返済が困難となった場合、任意整理や自己破産と言った債務整理を行うことができます。

自己破産は、財産をすべて処分される代わりに、借金の返済義務がなくなります。

任意整理は、弁護士などの専門家に依頼して、債権者と借金の減額や支払い期限の延長などを求めます。
この任意整理の際には、まず最初に過払い金がないかを検討します。

場合によっては、過払い金が多額に発生しており、過払い金と借金の残額が同額だったり、過払い金の方が多く借金がゼロになるだけでなく、お金が返ってくることさえもあるのです。

今、借金に苦しんでいるなら、まずは専門家に相談することをお勧めします。
無料の法律相談所などもあり、あなたの借金がどのくらい整理されるのかをシュミレーションすることも可能です。

街角法律相談所

過払い金スムーズな早期解決|最も賢く過払い金を取り戻す

現在、過払い金の返還請求は、困難を極めます。

まず、自分で請求しても、まず返金をしてもらうことは無理でしょう。

スムーズに早期解決するためには、過払い金請求に精通している先生に依頼するべきです。

事務所設立当初から、過払い金請求に力を入れている樋口総合法律事務所さんは、全国から依頼が殺到する事務所です。

樋口総合法律事務所

過払い金とは?

過払い金返還請求について、その請求法などをお伝えしていますが、過払い金とは?という基本的なところを抑えておきましょうか。

借金をした人は、お金を貸してくれた人に、対価として、いくらか金利を乗せて返済しますよね。この金利は、貸した人と借りた人の合意があれば、いくらでもよいのです。友人同士ならちょっとしたお礼の品だったりすることもあります。でも、仲の良い友人とかではない場合、やはり借りる側の方が立場が弱く、無制限にしておくと大変な金利を要求される場合もあります。借りる側が相当に困っている場合などは、より高い金利を要求されても、その要求を呑まざるを得ない場合もあるでしょう。そこで、利息制限法のよって上限が定められています。

借金が10万円未満の場合:年20%
借金が10万円以上100万円未満の場合:年18%
借金が100万円以上の場合:年15%

このように決められているにも関わらず、数年前まで消費者金融は、28%の金利で貸し出すことが普通でした。これは利息制限法の上限を超えているので、法に反しているのです。しかし、実際には、これがまかり通っていました。

その理由は、利息制限法を超えた利息でお金を貸しても、法律上、刑事罰を受けることはなかったことにあるのです。

では、貸金業者は、いくらでも金利を乗せることができたのか?実はそうではなく、「出資法」というもう一つの法律が存在していたんですね。出資法に違反すると刑事罰が科せられます。

その利息制限法と出資法の区分が曖昧だったことから、2010年6月18日施行の改正貸金業法まで、消費者金融は誰に対しても、利息制限法よりも高く、出資法の上限よりも低い金利で貸し出すことを行っていました。これを「グレーゾーン金利」と呼びます。

このグレーゾーン金利がまかり通っていたのですが、最高裁の判決で利息制限法に定める金利を超えて貸しつけ、回収したお金に関して返済を命じるものがでました。過払い金の返還ですね。

この判決が出て以降、徐々に過払い金返還請求が登場し始めたのです。